トップページ

■不登校 ひきこもりの訪問支援 学習支援 

 

 みどり塾の理念は「不登校の子どもの学習権を保障する」ことです。学校に通っていないという理由だけで学びの機会が失われることは残念なことです。将来に備えるためにも学力を維持することは必要です。

 当塾は学校に通っていなくとも進路選択を可能にするノウハウを多量に持っています。どんな場合でも対応いたしますので関心のある方は一度ご連絡下さい。

 


■当塾では不登校、ひきこもり、発達障害、高校卒業程度認定試験、通信制高校サポートを行っております。その他受験、補習等もサポート致します。その他ご要望があれば、お気軽にご連絡下さい。

■学校に通っていないという理由だけで、お子様の学びの機会が失われることは残念なことです。学校に通っていなくても学ぶことの権利はあります。

■みどり塾では学習を通じて自信をつけることを目的とし、御本人の意思を尊重した学習指導に取り組んでいます。必要があれば、一緒に遊んだり、学習以外のレクリエーションも行います。大切なことは教師との信頼関係を結ぶことと自分が他者に受け入れられているという安心感です。不登校のお子様は自分自身を否定的にとらえる傾向が強く、無条件に他者に肯定される経験が必要です。

■不登校にも様々な原因があります。家庭内の事情、親子関係。いじめ、友人との関係、教師との関係に由来する問題。学業不振、御本人自身の固有の問題。身体症状で通学ができなくなる。なんとなく学校に行かない。その他。何が理由であれ、臨機応変に対処させていただきます。

■みどり塾では生徒さんが持つ悩みや不安、恐怖心に対して耳を傾け、真正面から向き合える教師をとりそろえています。ただ、教師を派遣して終わりではなく、継続的な支援をご家族といっしょに問題が解決するまで真剣に取り組んでいきます。

■訪問支援は、第三者の介入を意味し、第三者の風を入れることで、問題解決に向けた足がかりとなる可能性も持っています。まずは御本人が元気を取り戻すこと。そこから全ては始まります。


■信頼関係をつくること

まず、いきなり学習に入るのではなく、遊びや対話をすることによって、信頼関係を作っていきます。この段階では、良い関係性を作ることを重視します。ご本人が対人的に恐怖感や不安を感じている場合、心がひらかれるまでに十分な時間をかけます。信頼関係を損ねたところでは、何を言っても仕方がありません。ただ心を閉ざすだけです。教師自身がご本人の味方であることを理解してもらいます。

この段階を経ると対象が何であれ、意欲というものが育ってきます。たとえば、一緒にゲームをするのもいいいでしょう。教師が外出同行するのもいいでしょう。少しずつ外に関心が向いていくのを繊細に、注意深く支えてあげることです。

■学校、社会への復帰

学校に戻るかどうかは大変繊細な問題です。ご本人を取り巻く環境要因や心身の状態よって決まってきます。その場合でもご本人の意思を必ず尊重します。